DTI WiMAX2+まとめ 料金・サービス・キャンペーン徹底解剖

DTIまとめ WiMAX料金・サービス・キャンペーン徹底解剖 WiMAXプロバイダ別まとめ

DTI WiMAX2+は料金体系が非常にシンプルで、長期利用でお得になるという強みを持ちます。

しかし視点を変えると、

「お得感を感じるためには確実に長期利用しないといけない」という縛りがあることになります。

ただ、「一つのプロバイダを使い続けると、どこが一番安くなるのか?」と質問されれば、

即答でDTI WiMAX2+と言うでしょうね。

公式ページはこちら→DTI WiMAX2+

月額料金は非常にシンプルかつ、長期利用でお得に

DTI WiMAX2+は他社と比べて、非常に分かりやすい料金体系をしています。

DTI WiMAX2+のギガ放題プラン(3年)
利用開始月(1ヶ月目) 2ヵ月目~3ヶ月目 4ヵ月目以降
2,590円の日割り 2,590円 3,760円

ほぼすべてのプロバイダは、利用開始月の翌月を1ヶ月目として、利用期間を設定しています。

それに対して、DTI WiMAX2+は利用開始月を、そのまま1ヶ月目として設定しています。

なので、最初の最低料金で利用できる期間の長さは、DTI WiMAX2+も他のプロバイダも、等しく3ヶ月間です。

ちなみにWiMAX本家のUQ WiMAXも、DTI WiMAX2+と同様に利用開始月を1ヶ月目としています。

ときどき、最低料金で利用できる期間はプロバイダで差があると勘違いする人がいるので、気を付けてください。

公式ページはこちら→DTI WiMAX2+

DTI WiMAX2+は長期利用でお得に

他のプロバイダと比べて、DTI WiMAX2+の月額料金は、4ヶ月目以降がちょっと特殊

キャッシュバックのないプロバイダの月額料金は、

  • 3ヶ月目~24ヶ月目:3,300円~3,500円
  • それ以降の月:4,000円台

というのが一般的。

それに対して、DTI WiMAX2+は4ヶ月目以降が3,760円なので、他社と比較すると割高に見えます

しかし、ずっっっと3,760円なので、24ヶ月目以降は他社と比較すると割安になります

という事はつまり、長期間利用するとだんだんとお得になっていくという事です。

公式ページはこちら→DTI WiMAX2+

長期利用ってどれくらい? ズバリ6年間。けっこう長い

どれくらい使い続ければお得になるかというと、

2度目の契約更新月を迎える6年間

なぜかというと、DTI WiMAX2+の累計月額料金は、利用開始からだいたい4年半の時点で、キャッシュバックのない代表的なプロバイダ(Broad WiMAXや3WiMAX)の累計月額料金よりも安くなるからです。

「じゃあ、4年半が長期利用の目安じゃないのか?」と。

それは間違いです。

公式ページはこちら→DTI WiMAX2+

契約途中の解約は、契約解除料がかかる

利用開始から4年半というのは、1度目の契約更新月を過ぎています。(3年契約は3年ごとの契約更新)

(契約更新月の解約は、契約解除料がかからず、無料で手続きできる。)

契約途中で解約すると契約解除料がかかるので、途中解約するとDTI WiMAX2+の累計の支払額は、Broad WiMAXや3WiMAXよりも高くなってしまいます

つまり、DTI WiMAX2+を4年半使うということは、

2度目の契約更新月を迎えるために、6年間は使わないと意味がないということなのです。

公式ページはこちら→DTI WiMAX2+

利便性を考えると…

別のWiMAXプロバイダへの乗り換えや、違う通信サービスに乗り換えるためには、解約しなければなりません。

そういったときに柔軟な対応を取りずらいのがDTI WiMAX2+の弱点です。

なぜなら、DTI WiMAX2+でお得感を味わうためには、長期利用が前提ですからね。

そういったユーザーの利便性を考慮すると、Broad WiMAXや3WiMAXよりも評価は少し下がります。

ちなみに、2年契約プランもありますが、料金が割高で明らかに選択肢になりえないので、2年契約プランに対する言及はここでは割愛します。

公式ページはこちら→DTI WiMAX2+

 

最短即日発送を行っていない

最短即日発送がないのは少し残念。

申し込んでから、端末が手元に届くのは少々遅め。

この点は最短即日発送を行っているBroad WiMAXや3WiMAXに劣る点と言えます。

公式ページはこちら→DTI WiMAX2+

 

DTI WiMAX2+はオプションへの加入が強制じゃない

これは良いですね。

評価の高いBroad WiMAXや3WiMAXは、申し込み時にオプションへの加入が強制です。

なので、Broad WiMAXや3WiMAXと比較したときに、申し込み時にオプションへ加入しなくていいというのはDTI WiMAX2+の嬉しい点ですね。

Broad WiMAXや3WiMAXのオプション加入は厳密には強制ではありませんが、キャンペーンを受けられなくなるため実質的に強制。ただ、加入後すぐにオプションを解除できるので、特に問題ではないのも事実です。

公式ページはこちら→DTI WiMAX2+

初期費用

初期費用は事務手数料3,000円のみです。

端末代金も無料です。

これはどのプロバイダも共通。

公式ページはこちら→DTI WiMAX2+

キャッシュバックは無し ~その分、月額料金が安い~

キャッシュバックはありません。

以前はキャッシュバックがありましたが、現在はキャッシュバックをなくして、その分、月額料金を下げる方針に変わりました。

ユーザーに面倒な手間やリスクを抱えさせないのは高評価

公式ページはこちら→DTI WiMAX2+

DTI WiMAX2+の独自の特典は、人によっては超お得

DTI会員限定の「DTI Club Off」という特典があります。

これは、全国の宿泊施設やレジャー施設、スポーツクラブ、インテリアの購入、レストランや居酒屋の飲食などが、特別優待価格で利用できるサービスです。

旅行好きの人や、外食好き、アミューズメント好きの人にはうってつけの特典です。

仕事でホテルに泊まることが多い人にもいいですね。

公式ページはこちら→DTI WiMAX2+

WiMAX以外の面でお金を節約できる

この特典はWiMAXの料金自体に関わるものではありませんが、生活面や娯楽面での出費を抑えることが出来ます。

なので、人によっては他社プロバイダのキャッシュバックや割引以上に、支出を抑えられる優れモノになるかもしれません。

公式ページはこちら→DTI WiMAX2+

LTEオプションが無料

DTI WiMAX2+はLTEオプションが無料です。

このオプションを使えば「ハイスピードプラスエリアモード」を利用することができ、WiMAX回線だけでなく、LTE回線も使えるようになります。

他のプロバイダでは、LTEオプションを使った月は1,000円のオプション料金がかかるのが普通なので、DTI WiMAX2+の強みの一つですね。

ただ、LTEオプションには注意点もあるので気を付けてください。(詳しくはこちら

他のオプションには特徴なし

端末が故障した際に、端末の修理や交換を無料でしてくれる「安心サポート」があるというだけですね。

オプション料金も他社のものと同程度。

公式ページはこちら→DTI WiMAX2+

DTI WiMAX2+まとめ ~アウトドア派なアクティブさん向け~

DTI WiMAX2+は、長く使えば使うほどお得になるシンプルなプロバイダ

ただ、お得にしたいなら、けっこう長期間利用しないといいけないというのが難点

LTEオプションを利用すればWiMAXの通信圏外でもLTEで通信することが出来るので、あちこち遠出する人にはうってつけ

特典のDTI Club Offとも相性がいいでしょう。

ただ、LTEオプションの使い過ぎには注意してくださいね。(詳しくはこちら

公式ページはこちら→DTI WiMAX2+