WiMAXハイスピードプラスエリアモードには、ご注意しなはれや。

「ハイスピードプラスエリアモード」にはご注意しなはれや。 WiMAXの豆知識

うっかり7GBを超えると、あら大変。

データ通信量、ご利用は計画的に。

ハイスピードプラスエリアモードってなに?

少々長ったらしい名前ですね。

「ハイスピードプラスエリアモード」というのは「au 4G LTE(以下、LTE)」が使えるようになる通信モードのことです。

端末を手動で操作することで、通常のWiMAX回線からハイスピードプラスエリアモード、つまりLTE回線に切り替えることができます。

LTEオプション=ハイスピードプラスエリアモード

ハイスピードプラスエリアモードというのはあくまでオプションで、「LTEオプション」と呼ばれています。

ハイスピードプラスエリアモード、つまりLTEオプションを利用した月は1,000円のオプション料金がかかります。

今では、3年契約のコースであれば、LTEオプション料金が無料になります。

便利なハイスピードプラスエリアモード

このオプションがあれば、WiMAXの通信エリア外であっても、LTEの通信エリア内であれば、通信を行うことができます。

端末を操作して通信モードをハイスピードプラスエリアモードに切り替えるだけなので簡単ですね。

WiMAXよりも広いLTE

WiMAXの通信エリアは逐次拡大を続けていますが、現状はLTEほど広くはありません。

なので、どこでも確実にデータ通信を行いたいという人には便利なオプションです。

しかし、注意点もあります。

いやむしろ、問題点と言った方がいいでしょうか…

実は要注意なハイスピードプラスエリアモード

ハイスピードプラスエリアモードには7GBの月間通信量制限があり、ハイスピードプラスエリアモードを使って7GBを超えてしまうと通信速度に制限がかかってしまいます。

これ自体を知らない人も結構いますが、問題点はそこじゃないんです。

WiMAX回線の速度も道ずれ!?

一度制限がかかってしまうと、その制限がかかった月の月末まで、ずっと通信速度は遅いままになるというのは当然ですよね。

通信制限というくらいですからね。

問題なのはここから。

実は、ハイスピードプラスエリアモードで制限がかかると、WiMAXの通信速度まで制限されちゃうんです。

当然、月末まで。

「なんでWiMAXの通信速度にも制限がかかるの?」

「通信量の上限を超えたのはハイスピードプラスエリアモードだけじゃん!」

と思うかもしれませんが、そういう仕様なのでなんとも…

なので、

ハイスピードプラスエリアモードでのデータ通信量がうっかり7GBを超えてしまうと、その月はずっとWiMAX回線での通信もハイスピードプラスエリアモードでの通信も速度制限がかかる、ということです。

お金でも解決できない

そして残念なことに、追加料金を払って速度制限を解除する、ということもできません。

つまり、ハイスピードプラスエリアモードを使うには注意が必要なのです。7GBを超えてはいけないという。

あったらあったで便利なオプションなのは間違いないので、必要かどうかは自分のデータ通信の利用スタイルと照らし合わせて考えるようにしましょう。