WiMAXのキャッシュバックに潜む落とし穴とは?利用前に知るべきこと

WiMAXの豆知識

WiMAXプロバイダのキャッシュバックには落とし穴があります。

それは、受け取り損なうリスクです。

以降、「キャッシュバック」連呼でウザいと思われるかもしれませんが、WiMAXを利用する前には必ず知っておいた方がいいことなので許してください。

キャッシュバック付きのWiMAXプロバイダがある

WiMAXをインターネットで検索すると、いろんなプロバイダが出てきますよね。

その中からいくつかサイトを覗いてみると、キャッシュバックのあるプロバイダとキャッシュバックのないプロバイダがあることに気づくと思います。

キャッシュバックはお得???

キャッシュバックは受け取ることができればお得です。

これは疑いようもない事実。

3年間の実質的な平均月額料金が、キャッシュバックなしのプロバイダの場合3,500~3,600円前後なのに対して、キャッシュバック付きプロバイダの場合は3,000~3,100円前後。

キャッシュバック付きプロバイダの方が毎月約500円ほど安いということですね。

キャッシュバックは受け取れなければ損

ですが、もし受け取れなければ、お得ではないどころかをしてしまいます。

もしキャッシュバックが受け取れなかった場合、キャッシュバック付きプロバイダの3年間の実質的な平均月額料金は4,000~4,200円前後。

キャッシュバック付きプロバイダの方が毎月約500円ほど高くなってしまいます。

つまり、キャッシュバックがお得というのは、受け取れることを前提とした場合に限るということです。

キャッシュバックの落とし穴

キャッシュバックには、まさに上でお話ししたように、損をしてしまう可能性があります。

損をする状況というのは、キャッシュバックを受け取れなかった時のこと。

つまり、キャッシュバックの受け取り損ないことが、キャッシュバックに潜む大きな落とし穴なのです。

キャッシュバック付きプロバイダは割高な月額料金

キャッシュバック付きプロバイダは、キャッシュバック無しのプロバイダと比較すると、月額料金が割高に設定されています。

キャッシュバック付きプロバイダをそのまま使っていてはただ割高なだけですが、キャッシュバックを受け取ることによって、その金額の分だけ月額料金を相殺することが出来ます。

それによって実質的に月額料金を安くできるというのが、キャッシュバックがお得と言われる理由です。

キャッシュバックを受け取り損なうと、残るのは割高な料金だけ

もし、キャッシュバックを受け取り損なった場合、もうキャッシュバックは手に入りません。

月額料金にも変化はなく割高なまま。

キャッシュバックが受け取れなかったからといって、月額料金が割引されるということはありません。

そうなってしまうと、せっかくキャッシュバックで元を取ろうと思っていたのが、逆に他のプロバイダよりも多くお金を払わなきゃいけないという損な状況になってしまいます。

キャッシュバックは受け取りにくい

キャッシュバック付きプロバイダを利用する前に知っておかなければならないこと。

それは、キャッシュバックは受け取りにくいという事実です。

キャッシュバックが受け取りにくい要因

キャッシュバックの受け取りにくさにはいくつかの要因がありますが、以下の4つがその主な要因です。

  • キャッシュバックの受け取りは利用開始から約1年後
  • 受け取りの手続きをしなければならない
  • 受け取りには期限がある
  • キャッシュバックの手続き案内メールは気づきにくい

キャッシュバックの受け取りは利用開始から約1年後

けっこう勘違いしている人が多いのですが、キャッシュバックを受け取れるのは申し込んだ直後ではありません。

キャッシュバックを受け取れるのは、利用開始から約1年後と意外に先のことなんです。

それもそのはずで、WiMAXなどの通信系の料金というのは、毎月決まった額を支払うというシステムですよね。

ということは、契約したての時点では、企業側はまだお客さんからほとんどお金をもらっていない状態です。

その状態で、お客さんにキャッシュバックを渡してしまっては、収益がマイナスになってしまいます。

つまり、お客さんにキャッシュバックを渡せるのは、ちゃんと収益があがってからということになります。

こればっかりは仕方のないことですよね。

受け取りの手続きをしなければならない

キャッシュバックは時期が来たら自動的に振り込まれるわけではありません。

これも意外と知らない人は多いですね。

商品券ではなく、ちゃんと現金が貰えるのは嬉しい反面、手続きの手間にはちょっと残念。

キャッシュバックを受け取る口座を指定したり、プロバイダによってはアンケートに答える必要があったりと意外と面倒。

受け取りには期限がある

キャッシュバックは利用開始から約1年後に受け取れるとお話ししましたが、その受け取り時期を迎えたあとならいつでも受け取り手続きできる、というわけではありません。

それは、キャッシュバックの受け取りには期限があるから。

受け取り時期を迎えてから約45日間が期限です。

キャッシュバックの手続き案内メールは気づきにくい

キャッシュバックを受け取るためには、プロバイダから送られてくるメールの案内に沿って手続きを進める必要があります。

しかしその案内メールは、申し込み時にもらえるプロバイダ用のメールアドレス宛におくられてきます。

普段利用していないアドレスにメールが送られてくるため、意外と案内メールには気づきにくいんです。

それに加えて、受け取り時期の遅さと期限の短さ

それだけならまだいいんですが、上でお話しした通り、キャッシュバックが受け取れるのは約1年後。

まず忘れてしまうでしょう。

それに加えて、手続き可能な期間は45日間と限定的。

私生活や仕事に追われていると、ついつい手続きを後回しにしてしまいがちで、いつの間にか忘れて期限を過ぎてしまうなんてことも。

カレンダーにメモを残すなどの工夫を

キャッシュバック付きプロバイダを利用する際には、受け取り時期と受け取り手続きを忘れないように工夫しましょう。

具体的には、カレンダーにメモを残しておいて、受け取り時期が来たらちゃんと気付けるようにしたり、ちゃんとメールアドレスが開けるか事前に確認しておくなどしておくとよいでしょう。

受け取り損ねてしまっては、結構な損になっちゃいますからね。

どうせ利用するなら、お得になるに越したことはありません。

リスクのないプロバイダがおすすめ

できれば、面倒な手間や心配を抱えずに済む、リスクのないプロバイダがおすすめです。

特にWiMAX初心者の人は、キャッシュバックの受け取りに多少なりとも不安を抱えていることでしょう。

キャッシュバック無しのプロバイダであれば、最初から月額料金が割安に設定されているため、面倒な手間や心配を抱えずにお得に利用できます。

プロバイダを選ぶ際には、下に掲載しているランキングを見ると、お得なプロバイダに出会えるかと思います。

ぜひ参考にしてくださいね。

BroadWiMAX
7507

・最新端末が選べる
・最短即日発送に加えて店舗受け取りがあり、端末入手速度は随一
・キャッシュバックがない分、月額料金が安く設定されている
・3年契約だからLTEオプションが無料
・auスマートバリューmineは使えるが、専用のauスマホ割プラン限定
・「ご満足保証」サービスでいざというときの解約も安心
・他社からの乗り換え時に生じる違約金をBroad WiMAXが負担してくれる
・割安料金で安心感の高さから堂々の1位
・支払いはクレジットカードと口座振替が選べるが、口座振替は初期費用で18,857円かかる

カシモWiMAX

・最新端末が選べる
・最短即日発送サービスあり
・2年契約&キャッシュバックなしの唯一のプロバイダ
・キャッシュバックなしで安心して使い続けられる
・auスマートバリューmineは使えない
・シンプルに良プロバイダ
・支払いはクレジットカードのみ

GMOとくとくBB

・最新端末が選べる
・最短即日発送あり
・2年契約が選べる
・月額料金は高いが、キャッシュバックのおかげで実質最安
・キャッシュバックを受け取り損なわないようにする工夫が必要
・auスマートバリューmineが使える
・支払いはクレジットカードのみ

So-net

・最新端末が使える
・最短即日発送は無し
・キャッシュバックなしで最初から割安料金
・Broad WiMAXよりも少しお得な料金で3年契約
・3年契約だからLTEオプションが無料
・auスマートバリューmineが使える
・利用開始から1年10ヶ月目以降は機種変更が無料
・支払いはクレジットカードのみ

BIGLOBE WiMAX2+

・最新機種が選べる
・最短即日発送は無し
・2年契約が選べる
・キャッシュバックがあるが、GMOとくとくBBよりは金額が少ない
・auスマートバリューmineが使える
・利用開始から22ヶ月目以降は機種変更が無料
・支払いはクレジットカードと口座振替が選べるが、口座振替はキャッシュバック金額が減少する